読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糞アニメ愛好家の僕が婚活してみた

糞アニメ愛好家が婚活したらどうなるかを4クールで綴ります

おかえりオーディション

f:id:sharro:20160227154053j:plain


昨日の日記の続きです*1

3回めのデートはサンシャイン水族館 + プラネタリウム*2でした。


手をつなぐことはありませんでしたが、

周りからはバカップルがイチャつきやがって、と思われていたかもしれません。


帰り際に前回のお返しとして、数千円するチョコレート*3をプレゼントしました。


頭が回る紳士ならば、

ここで告白して、彼氏彼女の関係になるストーリーを描いたかもしれません。

ですが僕はここでその選択肢を選びませんでした。


その理由の一つには、"なぜ僕が婚活をしているのか"

に関係するところがあるのですが、その話はもう少し後で書きたいと思います。


告白しなかった理由のもう一つが、

"初カップリングの相手なのに順調に行き過ぎた" 点です。


何を贅沢言ってるのか、というのはごもっともですが、

この時点で、自分はモテるのではないか、もっと良い条件の子がいるのではないか、

と泥沼スパイラルに陥る思考をしてしまっていました。


そんなわけでもう一度だけ婚活パーティに参加して、

その結果でランカちゃんとの関係を考えよう、と決めました。

そう、婚活世界でお馴染みの、"並行" です*4


今回はシリアス回となってしまいました。

僕としても思い出すのがつらいので書きたくないのですが、

これからも定期糞シリアスは、ありまぁす。

次回は未定ですが、この話の続きはちょいと先になると思います。

ご期待下さい。

まとめ

  • 相手ばかり見ていると自分のことが見えなくなるお( ^ω^)

  • シリアス回は避けられないお( ^ω^)


ランキングに登録しております\(^o^)/
下のボタンを押して応援して頂けたら嬉しいです\(^o^)/

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

*1:脱線して別の話題を書くって言ってのに。

*2:この当時は空いていたが、最近行こうとしたらとても入れるレベルではなかった。

*3:ゴディバではない。

*4:「並行」とは、付き合っていないならば別の婚活相手を探したり面接してもよい、という考えのこと。